ミトの静かな出してよアピール

いおた

ミトは相変わらず、私たちがリビングにいないといおたに悪さをするので、書斎にあがったりするときにはケージ内に入れています。

リビングで用事をしていると市川悦子ばりに扉の隙間から出してよアピールをしていました。

ただ出すだけではつまらないので、洋服を着せてみました。少しずつトレーニングを重ねて薄い洋服だったらフリーズせずに着てすごせるようになってきました。

目を離すと服をかじるのでリビングに私たちがいるときだけ時折洋服を着せています。

いおたはミトが出てくるとのびのびと遊ぶのをやめてしまいます。ミトに遠慮してしまうみたい。なので、まずはいおたとひとしきり遊んでからミトを出すようにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました