いおたとミト、初めてのドッグラン

いおた

いおたとミトを初めてドッグランに連れて行ってきました。リードなしに走らせてあげたかったので、ついに念願が叶いました。

行ってきたのは、能勢クロスガーデン。とてもいいところなのですが、残念ながら今月末で閉店となります。田舎過ぎて従業員が確保できないための閉店だそう。

いおたは怖いものなしに、リードを離した途端、走りに行きました。

それに追随してミトも走りに行きます。

まって~~~~~。いおたの運動能力の方が遙かに高いので、ミトは置いてけぼりを食らいます。

いおたはよそのわんちゃんと遊ぼうとついて行こうとします。そのいおたについていこうとするミト。この構図、面白すぎる。

おいていかれるミト。

あまりにもいおたがずっとよそ様のわんちゃんを追いかけ回すので、芝生ゾーンではなくウッドチップゾーンに避難しました。

しかしながらこのゾーン、日陰がほとんどなくて暑い!そしてミトはこのウッドチップを食べようとするのです。

たべたらあかんの~?なんで?という顔をするミト。

いおたは暑さに負けました。体が黒いのでミトよりも暑く感じるのでしょう。実際触ると暑いのなんの。

ちょっとー、暑いよー、おかあちゃん。

ボクもあついー!

日陰から出てこなくなりました。

ということで、日陰もたっぷりある芝生ゾーンに戻りました。さすがにバテ始めたのか最初の勢いほどに走らなくなりました。

2時間ほど遊ばせました。いおたは好奇心旺盛で隅から隅まで探検しにいっていましたが、ミトは途中から私たちが座っているそばで寝転がっていました。

ドッグランはやはり大きな犬がたくさん来ていました。いおたもミトも自分をわきまえているのか大きな犬から離れて走っていました。

中には飼い主にさえ牙をむく犬もいて、さすがにそのレベルのしつけしか出来ていない状態で連れてくるのはちょっとどうなの?という犬もいたりで目が離せませんでした。ドッグランはあくまでも場所を提供するだけで、中で起きた事故に関しては当事者同士で解決してくださいというスタンスなので、ヤキモキすることもありました。

家ではいおたと呼んだらおいでができるのに、外ではおいでができなくなるいおた。どうも外の楽しさに夢中になってしまって耳が聞こえなくなる様子。ミトはわりと従順ということがわかりました。

いおたは外でもちゃんとおいでが出来るようにもう一度しつけを練習しなければなりません。今月中にもう一度いけたらいこうかなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました