いおたの迷子札

いおた

いおたを飼って以来、少しずつですが災害時等の対策も一緒に行っています。その中で迷子札を色々と検討していました。

迷子札の必要性

災害が起きたとき、散歩の時に逃げてしまったなど、飼っている犬が迷子になった場合迷子札を付けていればそれを元に飼い主がわかるので、手元に戻ってきやすくなります。

いおたの場合、マイクロチップを埋め込んでいますがチップリーダーがないと読めません。一般家庭にあるものではないので、特殊な装置が無くても分かるように迷子札を装着しておくことも必要なのだと思います。

かわいいデザインもいっぱい

ペット用オリジナル アルミ迷子札 ボーンSサイズ
by カエレバ
小型犬用のオリジナル迷子札 オーダーメイドのオーバルミニ
by カエレバ
小型犬・猫用 肉球型 ドッグタグ迷子札
by カエレバ

犬鑑札とPET-IDを活用

迷子札を買うかどうか随分悩んだのですが、最終的に犬鑑札とPET-IDを活用することにしました。

ペットのおうちで飼い犬を登録すると、PET-IDが発行されます。そのPET-IDが記載された迷子札を無料で配布(提携企業のプレゼント)してくれるのでそちらを申し込みました。

jota-dog-tag (1)

本来は500円必要ですが、今は無料キャンペーン中でした。

jota-dog-tag (2)

迷子札にはURLとIDが書かれています。いおたのIDを検索すると、いおたのページが表示されます。プロフィールを事前にしっかり作成しておけば、拾ってくれた人がこのページさえ確認して下さればすぐに見つかります。

jota-dog-tag (3)

あくまでもネットが使える人にのみ探してもらえるツールなので、首輪に装着しました。

jota-dog-tag (4)

出かける際によく使うハーネスには狂犬病注射札と犬鑑札を付けました。

jota-dog-tag (5)

一生使うこと無く終わって欲しいですが、対策しておくに越したことはないでしょうし。ただ、家では首輪も何も付けていないのですが、常時付けるべきかどうかで悩んでいます。

ヨーキーは毛が細くて絡みやすいので、首輪を常時つけると毛玉になってしまうんですよね・・・なやましいなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました